平成19年度 事業報告  平成20年度 事業報告

平成21年度 事業報告  平成22年度 事業報告

平成23年度 事業報告  平成24年度 事業報告

平成25年度 事業報告  平成26年度 事業報告

 

3月12日 第5回青年団体スポーツ交流事業  
 

3月11に発生した東日本大震災の為、スポーツは自粛。 宴席がキャンセル出来なかった為「意見交換会」として「いただきます」で始まり「ごちそうさま」で終了しました。

           

思いをひとつに、

「がんばれ、日本。 がんばれ、東北。」

もっと写真を見る

2月6日 第25回ふれあい雪まつり運営協力  
 

例年当青年部としてジャンボすべり台・宝さがしゲーム・スノーモービルなど運営に携わり全面的な協力を行っております。
当日は文句なしの快晴の下、たくさんの来場者でにぎわい、焼き鳥の出店をし盛り上げの一助としました。

宝さがしゲームは今年も受付開始から殺到し、すぐに定員になるほどの大人気ぶりで賞品も大好評でした。 スノーモービルでも相変わらずの人気ぶりで長蛇の列が続きフル稼働。親子ともども祭り日和な1日となりました。  

もっと写真を見る

1月28日
  〜30日
道外視察研修事業  
 

今回は宮崎県川南町商工会青年部との交流を予定しておりました。口蹄疫被害者への支援を目的に同青年部を含む若者連絡協議会が作成販売している「MOVE(モーブー)バンド」の購入をきっかけに視察する予定で楽しみにしていたところ、26日に霧島連山新燃岳の噴火の影響により28日においても羽田空港発宮崎空港への朝一番の運行(最寄りの空港に振替着陸)を除く全ての運行が欠航となってしまい、やむなく断念せざるを得ず非常に残念でした。

川南町商工会青年部及び事務局の皆様におかれましては、ご多用中にもかかわらず視察を受け入れてくださり、準備等していただきましたことに申し訳なく思っております。
今後、来道する機会がございましたらぜひ当青年部へお立ち寄りください。

急きょ視察先を横浜市と東京上野に変更し横浜中華街、西郷隆盛像、清水観音堂などの史跡等にふれ、日本の歴史について学びました。

 

※写真(←)横浜ランドマークタワーからの夜景。とてもキレイでした。

もっと写真を見る

1月19日 青年部OB会との合同新年例会  
 

恒例のOB会との合同新年会を「距ヌ寿し」において開催しました。青年部としての先輩であるOBと一堂に会すのはこの時期の年1回しかないため、今年も共に新年を祝い、活発な交流ができましたことを大変うれしく思います。

忘年会同様、余興参加費の一部を毎回道青連事業の交通遺児募金のため充当しています。

※写真(↑)併催した1月誕生日会の模様。

もっと写真を見る

12月18日

北野町商工会青年部来訪  
 

 

福岡県久留米市より北野町商工会青年部ご一行(8名)が来訪され、商工会館にて意見交換を行いました。双方部長挨拶の後、お互いの青年部活動について紹介しあい、今後の活動における貴重な情報を得ることができ大変有意義でした。

遠方よりお越しいただきありがとうございました。

※写真(↑)北野町商工会青年部の脇田部長。

もっと写真を見る

12月3日 出席率100%目標忘年会  
 

恒例となった「100%忘年会」がビアレストランぱる亭において部員37名中21名で開催しました。余興(ビンゴ)・12月誕生日会併催・部員出産祝儀贈呈・交通遺児募金など盛りだくさんに開催され、大変有意義でした。

※写真(↑→)は併催した12月誕生日会の模様。通常は毎月の例会日に開催しています。

出席率は56.76%と過半数を超えた程度でしたが、今後も100%を「目標」に日頃の事業活動から部員に対し声掛けしていくことで、その集大成として忘年会に表れるよう努めて参ります。

もっと写真を見る

11月24日 講師例会  
 

商工会館にて恒例の講師例会を開催しました。
講師に株式会社キムラの木村 勇介社長にお越しいただき、ご自身の壮絶な体験談を交えながら、現在の経営理念や従業員教育・モチベーションアップ術などを丁寧にお話いただけて、とても勉強になりました。

木村社長ありがとうございました!

木村社長は、北広島高校の出身で、また北広島市に馴染みの深い潟Wョイフルエーケーの親会社の社長ということで、ジョイフルエーケーの設立秘話など親近感をもって聴講できました。

※写真(↑)質問もばっちりです。

もっと写真を見る

8月20日〜
10月15日
北広島ベンチャーキッズ事業・
石狩ベンチャーキッズ支援事業
 
 

石狩管内の小学校高学年を対象に、職業体験(商品の仕入れ〜販売)を通して、若手後継者等を育成する事業(石狩管内ベンチャーキッズ)を開催致しました。
それに合わせ、北広島では独自の事業として「北広島ベンチャーキッズ」を開催し、実際に販売するクッキーのパッケージステッカーデザインを致しました。

参加してくれたみんな、ありがとうございました!

もっと写真を見る

10月12日

ビアガーデンチャリティー贈呈式

於:若葉小学校、北海道札幌養護学校共栄分校
 

7月30日に開催した第4回チャリティービアガーデンでの収益の一部で市内小学校10校の1年生全員に文房具「12色 色鉛筆セット」を贈呈しました。贈呈は今回で4回目。代表校は毎年変え今回は若葉小学校で、残りの小学校へは教育委員会を通じて贈呈しました。贈呈総数は転入による追加分と共栄分校分を含め610個。
当日、北海道新聞の取材を受け、10/13朝刊に記事が掲載されました。  記事を見る

北海道札幌養護学校共栄分校にも1年生がおり、前年に引き続いて2回目の贈呈となりました。対象者3名で代表して教頭先生に贈呈しました。

もっと写真を見る

8月29日

家族親睦事業
〜千歳川の〜んびり清流川下り〜

 
 

今年度の家族親睦事業は全10家族25名の参加をいただき、ニセコ町にある「北海道ライオンアドベンチャー」に申し込み、千歳川の清流川下りを行いました。ほぼ全員が初体験の中、インストラクターから注意事項やボートの漕ぎ方などの指導を受け、4ボート編成でいざ川へ!清流の割にはスピードが出ているように感じられ、清々しく臨場感と解放感たっぷりの約3キロの川下りでした。

※写真(↑)全員で出発前。部長の頭に何か乗ってる・・・。

その後は、支笏湖にあるモーラップキャンプ場で昼食に焼肉を行い、部員同士・家族同士・奥様同士の交流の場となりました。

※写真(↑)川下り後のモーラップキャンプ場での焼肉は格別でした。

もっと写真を見る

8月27日 クリーンアップ全国大会  
 

9月2付けの道新北広島版にも掲載されましたが、今年度、商工会法が施行され50周年の節目を迎える契機に、全国商工会青年部連合会では、この50年の長きに渡り商工会を支えてくださった地域の皆様への感謝の意味を込めて「クリーンアップ全国大会」と称し、全国一斉クリーンアップ活動の実施を企画しました。北は北海道から南は沖縄まで、全国1,795の商工会青年部が、広く一般社会に対して、全国組織としての活動をアピールし、青年部員の連帯の強化と地域の防人として日々研鑽を積んでいる商工会青年部が地域において不可欠な組織であるという認識を確立することを目的としています。

また、全国の青年部員が、同日同時刻(8月26日午後6時)に同じ目的で日本全国という会場に集い実施する「全国大会」として、一斉清掃活動を実施することにより、青年部組織における一体感及び帰属意識を高め、青年部が商工会組織の先鋒として、進んで変化を創発し、次の50年の歴史の礎となるべく行動していくことを目指しています。当青年部は、8月27日午後6時に商工会館から北広島駅方面と市役所方面の沿道ゴミ拾いを行いました。

もっと写真を見る

8月7日 第32回北広島ふるさと祭り運営協力〜盆踊り大会〜
 

子供盆踊りを今年も運営する運びとなり、大雨の影響を受けてエルフィンパーク内での実施となりました。非常に蒸し暑い会場の中、北広島ふるさと太鼓保存会演奏の音に合わせて、子供達は元気に親の踊りを見よう見真似で踊っていました。幼児から高校生まで幅広い子供たちに参加を頂きました。
終了後は予め配布したタグを目印に参加賞の花火セットをひとりひとりに配布し大変喜ばれました。

引き続き、仮装盆踊りも行い、14組総勢90名の踊りが披露され、小さなお子様の参加から大人の方や一人での参加者等個性のある方々の参加により盛況に終える事が出来ました。

もっと写真を見る

8月7日
  〜8日

第32回北広島ふるさと祭り出店

 
 

第32回ふるさと祭りでは例年盆踊り大会部門を当青年部が運営、今年も多くの参加者・観覧者で賑わいました。

※写真(↑)今年のふるさと祭りは青年部として「おめん」と「くじ」で出店しました。

会場では2日間に亘り祭りの運営の傍ら、出店もし、くじとおめんを販売しました。2日間とも突然の豪雨に見舞われ、売れ行きに関しては今ひとつでしたが、販売商品について今後研究を要するところでした。

※写真(↑)間違い探しゲーム。

もっと写真を見る

7月30日

青年部主催
第4回チャリティービアガーデン

 
 

第4回目となる青年部主催チャリティービアガーデンを芸術文化ホール臨時駐車場において開催しました。 5月より企画立案を重ね、迎えた当日は 心配された天気も何とか持ちこたえ、曇りながら多くのお客様にお越しいただきまし た。
午後4時の飴・もちまき大会でビアガー デンがスタートし、食べ物コーナーでは生ビールのほか、ジュース・酒類・焼き鳥・イカ焼きなどを販売しました。また今年も女性部が協力して、おでん・牛すじ煮・いなり寿司・枝豆を提供し、大盛況の売れ行きでした。
子供向け縁日コーナーでは、クジ・輪投げ・スーパーボールすくい・エビつりを行い、子供たちで大いに賑わいました。

※写真(↑)オープニング飴・もちまき

本部テントでは、抽選券の販売や、宮崎県口蹄疫被害者支援のため「move(モー ブー)バンド」を販売し、地域貢献事業も展開しました。
抽選会では、特賞のシマノ・マウンテンバイクをはじめ、任天堂DSi、iPod nano、有名ブランドトートバッグや事業所からのお食事券・焼酎ボトルキープ券・胡蝶蘭などたくさんの協賛をいただいて実施し、多くのお客様に行き渡り、夏の一夜を 存分に楽しんでいただきました。

写真(↑)夜になり満席状態の会場

もっと写真を見る

6月19日

地域美化活動
〜公園遊具のペンキ塗り事業

 

 


今回総勢事務局を入れて15名での美化活動となりました昨年に続き2回目の実施となり予定を大幅に短縮する作業時間となり今年も綺麗な公園に様変わりしました。


やはり時間と手間がかかったのは滑り台でした。5、6名がかりで終了まで休む間もなく美しく仕上げた遊具です。

もっと写真を見る

4月22日 石狩管内商工会青年部連合会 通常総会 於:22年度は札幌市
4月21日 平成22年度 通常総会 於:良寿し  

 


部長あいさつから22年度総会スタートです。

青年部通常総会が良寿しにおいて盛会のうちに終了いたしました。
来賓に、高村北広島市商業労働課長、上原商工会長、谷口青年部OB会長をお迎えして、平成21年度の事業報告及び平成22年度の事業計画について話し合い、また、役員(監事)の補充選任においても選任され、それぞれ原案のとおりに承認されました。


総会後の懇親会では、本総会をもって卒部となる藤井博之監事へ記念品を贈呈し、長年の青年部活動への感謝と敬意を表しました。

もっと写真を見る


TOPに戻る